授業休止の取扱基準

(1)(2)どちらの事態が発生した場合でも、その時点でただちに全学休講とします。

(1)下記のうち、2つ以上の交通機関の運行が中止された場合は、その時点でただちに全学休講とします。
  1. JR(米原−西明石)
  2. 京都市営バス・京都市営地下鉄 (全区間)
  3. 京阪電車(出町柳−淀屋橋)
  4. 阪急電車(河原町−梅田、梅田−三宮)
  5. 近鉄電車(京都−橿原神宮前)
※ただし、瀬田学舎はJR(京都−米原)または帝産湖南交通(JR瀬田駅−龍谷大学)のいずれか1つの運行が中止された場合も休講とします。
(2)交通機関の運行再開および暴風警報解除の場合は、次の基準により授業等を実施します。
運行開始の時刻および警報解除時刻
午前6時まで 1講時から平常通り実施
午前10時まで 3講時から平常通り実施
午後2時まで 6講時から平常通り実施
午後2時以降 終日休講
運行開始の時刻および警報解除時刻
午前6時まで 1講時から平常通り実施
午前10時まで 3講時から平常通り実施
午後2時まで 6講時から平常通り実施
午後2時以降 終日休講
その他の注意事項
上記以外に、通学不能または通学困難と学長が認めた場合は、全学休講とすることがあります。
定期試験期間中にこの措置が適用された場合、当該試験に関しては別途掲示により指示します。

このページのトップへ戻る