最新情報

日本経済における格差拡大をテーマに、東京大学 鈴木通雄先生の講演会を開催

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年8月4日

2016年7月22日(金)に、東京大学の鈴木通雄先生をお招きし、講演会「Response of Inequality to a Growth Rate Slowdown in Japanese Economy」を経済学部教育・研究センターで開催しました。
バブル崩壊後に生じた、所得や消費の不平等度や、両者の相関関係の変化は、TFP(全要素生産性)の変化により説明できるという、非常に興味深い内容でした。
当日は多くの教員、大学院生が参加し、モデルの含意やデータの解釈について活発な議論が交わされました。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る