最新情報

経済学部辻田ゼミが第1回「きょうと地域力アップ貢献事業者等」として表彰されました。

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年1月28日

 経済学部辻田素子ゼミが2015年1月24日、京都市より第1回「きょうと地域力アップ貢献事業者等」として表彰されました。

 京都市は、2012年に「京都市地域コミュニティ活性化推進条例」を施行し、地域コミュニティの活性化に向けた、自治会・町内会をはじめとする地域の主体的な取り組みを支援しています。今回の表彰は、こうした地域団体と連携・協力して地域力の向上に貢献している事業者やNPO法人、大学等を対象としたものです。

 辻田ゼミは、2013年秋から下京区豊園学区のまちづくり活動にかかわってきました。豊園学区は、祇園祭神幸祭で神輿を先導する「榊」(さかき)を継承してきた地域で、伝統産業に従事する職人さんも多いところです。その一方で、マンションに移り住んできた住民との交流、まちづくりの新しい担い手発掘といった課題を抱えています。

 学生は、祇園祭や長寿祝賀会、区民スポーツフェスティバルといった既存の行事に裏方として参加してきました。さらに、地域の魅力を再発見し、地域に愛着を感じてもらうためのツールとして、多様な世代の住民が集える「写真展」や「ワークショップ」といった新しいイベントを企画し、豊園自治連合会の協力を得ながら開催しています。アンケート調査を実施して地域住民のニーズを把握する活動もしています。
 

 現在、学生は豊園学区の魅力をまとめた小冊子「私の好きな場所。ほうえん」を作成中で、3月には学区内の住民に配布する予定です。

辻田ゼミ活動内容.pdf(ファイル形式pdf サイズ875kb)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る