合同演習について

合同演習は、研究科内の院生・専任教員を参加者とするもので年2回(春・秋)開催されます。ゼミを横断した形で行われる研究報告・発表会であり、1人あたり20分の発表、10分の質疑応答、計30分で研究テーマをもとに発表・報告がなされています。修士課程においては、修了要件の一つとして、2回以上発表することが義務づけられております。
博士後期課程生についても、入学後3回以上発表することが、博士論文を提出する必須の前提条件となっています。

合同演習での報告の様子
合同演習での報告の様子
合同演習での報告の様子
合同演習での報告の様子

このページのトップへ戻る