沿革

2016.5.1現在

1961(昭和36)年4月 経済学部経済学科を新設。
1963(昭和38)年4月 経済学部に経営学科を増設。
1966(昭和41)年4月 経済学部経営学科を母体に経営学部を開設。
(経済学部は1学科に戻る)(経済学部経営学科の学生募集停止)
1982(昭和57)年4月 大学院経済学研究科経済学専攻修士課程を開設。
1985(昭和60)年4月 大学院経済学研究科経済学専攻博士課程を開設。
1986(昭和61)年4月 期間付入学定員増(400人→500人)
1988(昭和63)年4月

カリキュラム改革

  1. セメスター制、グレイド制、コース制の実施
  2. 経済学部・経営学部・法学部にまたがる学部共通コースの開講
    (国際関係・情報・英語)
  3. 経済学部・経営学部・法学部に学部内コースを開設
1989(平成元)年4月 入学定員減(500人→470人)
1991(平成03)年4月 期間付入学定員増(470人→600人)
1993(平成05)年4月

カリキュラム改革

  1. 卒業要件の変更
  2. 専門科目、一般教養科目を学部固有科目、共通科目に科目区分変更
1996(平成08)年4月 入学定員減(600人→560人)
1997(平成09)年4月

経済学部に昼夜開講制夜間主コースを開設。

(夜間主コース定員 100人、平成14年度まで)
2000(平成12)年4月 入学定員減(560人→500人)
2002(平成14)年4月 入学定員減(500人→445人)
2003(平成15)年4月 経済学部昼夜開講制夜間主コース学生募集停止。
2003(平成15)年4月 大学院法学研究科と経済学研究科との共同運営による
「NPO・地方行政研究コース」を開設
2006(平成18)年4月 経済学部経済学科を改組し、現代経済学科国際経済学科を開設。
入学定員増(445人→500人)
現代経済学科(定員300人)
国際経済学科(定員200人)
2010(平成22)年4月 入学定員増(500人→550人)
現代経済学科(300人→330人)
国際経済学科(200人→220人)
2011(平成23)年4月 経済学部創設50周年
2016(平成28)年4月 入学定員増(550人→557人)
現代経済学科(330人→334人)
国際経済学科(220人→223人)

このページのトップへ戻る