Need Help?

Faculty of Economics

経済学部

科目・コース紹介

自分の進路に合わせた学修で目標を達成するカリキュラム

現代経済学科・国際経済学科の学習イメージ図

各科目群(プログラム)の解説

現代経済学科

現代経済学プログラム

経済学の基礎科目を学んだうえに、さらに上級の経済理論を学びます。
大学院進学や経済理論の理解を深めたい人のためのプログラムです。

数理経済学、経済成長と循環、経済動学、不確実性と情報の経済学 など

産業経済プログラム

企業・産業を、マクロ・地域の両方の視点から学びます。また、具体的に京都の産業の問題点を分析したり、街づくりプロジェクトに参加したりして実践的な問題解決能力を養います。

産業経済論、ホスピタリティ・ビジネス論、地域産業論、地域活性化プロジェクトI・I、産業組織心理学 など

ファイナンス・プログラム

大きく変貌する金融分野を、理論・実践の両面からバランスよく学び、金融問題に取り組みます。
銀行や証券業界の実務家による特別講義も開講し、実務に関する知識も深めます。

ファイナンス理論、企業金融論、証券投資論、銀行業務論 など

応用政策プログラム

公務員志望の学生に必須の知識を網羅するだけでなく、広い視野から経済問題を理解し、環境問題、都市問題などさまざまな問題に対して、政策立案できる能力を養います。

環境経済学、総合政策論、公共経済学、社会政策、租税論、都市経済学、NPO論、医療経済学、生活福祉論 など

経済情報プログラム

社会にはあらゆる情報があふれています。それらを的確に入手できる技術を身につけます。また統計的手法を用いて、データに裏づけされた経済分析が行える力も修得します。

計量経済学、経済統計学、プログラミング言語A・B、データ解析Ⅰ・Ⅱ、IT社会と情報管理、情報システム論 など

国際経済学科

国際経済学プログラム

国際舞台で活躍するために必要不可欠な幅広い視野を形成するプログラムです。
貿易問題や政治、ビジネスを含めた国と国の関係を考える視点を、歴史的背景などに焦点をあてて学びます。

国際貿易政策、国際金融論、比較経済論、国際政治経済学、国際ビジネス論

開発経済プログラム

開発途上国の経済問題を解決するための協力は日本にとって非常に大切なことです。
開発の視点から先進国と開発途上国の経済関係を分析します。

開発経済学、地域経済論、国際協力論、農業・資源経済学

経済史プログラム

  • 「経済史」を学んだうえで、さらに学びたい地域の経済史講義を網羅するプログラムです。
    世界経済プログラムとの関連を配慮し、現在からの視点を大切にしています。
  • アジア経済史、日本経済史、経済地理学、ヨーロッパ経済史、アメリカ経済史、経済思想史

世界経済プログラム

世界各地域の現状を明確に理解することを第一義とし、国際ニュースの内容を経済学の視点から理解します。
そのことで問題点の所在を明らかにでき、問題を解決する視点が身につきます。

アジア経済論、中国経済論、ヨーロッパ経済論、アメリカ経済論

フィールドワーク・プログラム

国内外へのフィールドワーク、NPOボランティア活動の実習、インターンシップや留学プログラムを用意しています。国際社会で活躍するための知識を自分のものとするための実習プログラムです。

フィールドワーク実習I・II、NPO・ボランティア活動実習I・II

学部共通コース

Request Information

資料請求