柔軟な学習設計

柔軟な学習設計

経済学部流学び方

基礎をしっかり。学びたい科目を自由に選択。

経済学部は、2年生の前期までは全ての学生が経済の基礎を学びます。目標が見えつつある2年生の後期から学科に分かれて専門科目を学びますが、学科選択後ももう一方の専門科目を履修でき、3年生以降も自分の興味に併せてカリキュラムを柔軟に組み替えることができます。これが本学部カリキュラムの大きな特長です。

基礎をしっかり。学びたい科目を自由に選択。

経済学部 学びのポイント

多様な学問領域から現代社会にアプローチする

多様な学問領域から現代社会にアプローチする

数学、歴史、社会など経済学へのアプローチは一通りではありません。2つの学科に設けられた10の専門プログラム、4つの学部共通コースの中から、自らの興味・関心に合わせて専門とする領域を選択できる環境を整えています。


社会体験と学問を融合し主体的・実践的に学ぶ

社会体験と学問を融合し主体的・実践的に学ぶ

国内外へのフィールドワークや留学、企業でのインターンシップを体験できるプログラムを用意。社会的な経験や国際体験と学問を融合させることで、現実に即した実践的な学びを得ることができます。

現場重視の実習科目


1年生から始まる少人数制の一貫教育

1年生からゼミ活動を開始。一貫した指導方針のもと、入門、基礎、本格的なゼミ研究と、段階的に学びを深めます。少人数制による教員の丁寧な指導で、着実に力を養うことができます。

少人数制一貫教育

調査・研究・プレゼンテーションなど自発的な学びが実力を育む

学生自身がテーマを決め、文献研究や学外でのフィールド調査を行い、その成果をプレゼンテーションする機会を多数用意しています。ゼミ対抗の研究発表会の開催など、自発的な学びを通して問題発見・解決能力を養います。

このページのトップへ戻る