Need Help?

Faculty of Economics

経済学部

学部概要

経済学部 学部概要

社会の課題に多角的なアプローチができる問題解決能力・政策立案能力・情報処理能力を備えたリーダーを育成する。

「学びの基礎力」「多様なアプローチ」「様々な実践の場」を重視した学びで、将来の目標に向かって、段階的に、実践的な力が身につきます。

経済学部では、初年次から、経済学の基礎科目や基礎力育成科目、キャリア形成科目など、基礎をじっくりと学び、自身の興味・関心に応じた多様な学修や、 様々な実践の場による学びをとおして、専門力・実践力を身につけていきます。

1.学びの基礎力をしっかりと養う

初年次教育を特に重視する経済学部では、入門科目や少人数のゼミでの学びをとおして、「聴く・読む・調べる・書く・伝える」といった「学びの基礎力」を徹底的に身につけます。入門演習・基礎演習では、共通テキストを用い、先輩学生である授業内ピア・サポーターが学修を支援します。

  • 充実した入門科目(経済学の基礎、現代経済のTOPICS、PCスキルなどを学ぶ)
  • 1~4年生まで続く少人数ゼミ
  • 共通テキスト(学修ガイド)と授業内 ピア・サポーターによる支援
授業内ピア・サポーターが支援 授業内ピア・サポーターが支援

2.多様な学びを自由に選択できる柔軟なカリキュラム・コース

基礎をしっかりと身につけ、自身の興味・関心が定まってきた2年生前期に学科を選択し、2年生後期から、より深い内容の専門科目を学んでいきます。学科に分かれても、プログラムと呼ばれる科目群を系統的に履修したり、所属学科ではない学科科目も自由に履修できる、柔軟なカリキュラムです。

  • 経済学に関する合計10のプロクラム(科目群)と4つの学部共通コース
  • 所属学科ではない学科科目も自由に選択可能
  • 多彩な科目(実習型、企業人による講義など)
「留学英語」の授業 「留学英語」の授業

3.様々な実践の場を用意

経済学の理論を身につけるだけでなく、応用し、実践する場を多く用意しています。地域・現場で問題解決策を考える科目や、海外でのフィールド調査をする科目、3年生後期に行われるゼミ対抗の研究報告会など、その種類も多彩です。また、検定試験の受験を奨励し、受験料全額補助制度も設けています。

  • 留学、インターンシップ、フィールドワーク、ボランティアなど
  • ゼミ対抗研究報告会
  • TOEIC®、ERE(経済学検定試験)の受験料全額補助
ゼミ対抗研究報告会での成長 ゼミ対抗研究報告会での成長

SEE MORE

  • Real Stories
  • Real Stories
  • 現代経済学科 4年生 深町 誠太さん( 京都市立塔南高校 出身)

学部長メッセージ

龍谷大学に経済学部が誕生したのは、今から半世紀ほど前の1961年のことでした。折しも日本経済が高度成長に入った頃で、経済学部創設にあわせて新設された深草キャンパスには荒れ野を切り拓いていくような進取の精神がみなぎっていたと伝えられています。それは、龍谷大学が文学部(大宮キャンパス)のみの単科大学から総合大学へと飛躍していく第一歩でもありました。

SEE MORE


経済学部の「教育理念・目的」と「3つの方針」

建学の精神に基づいて、経済学が培ってきた基礎的理論や社会の経済的諸現象を論理的に分析する能力を修得し、さらに国際的・地域的な多様性を理解して、課題の発見と解決に努める人間を育成することを目的とする。

SEE MORE


4年間のプロセス

4年間のプロセス


  • Eye100
  • 経済学部ピアサポーターの入門演習での学習支援の様子
  • 経済学部ピアサポーターの入門演習での学習支援の様子
    現代経済学科 4年生 松田 一朗さん (滋賀県立米原高校 出身)

Request Information

資料請求