学生インタビュー

多和田 佳祐さん(現代経済学科)

多和田 佳祐さん

就職活動の面接でも大いに評価いただき、真面目に経済学部で勉学に励んだ証となったと感じています。

わたしの勉強法

2年生の履修説明会でEREの存在を知り、早速腕試しとして受験しました。勉強法はまず大学の講義内容を確実に理解すること、次にEREの過去問題を繰り返し解くことに注力しました。勉強時間は、短期的に長時間行うよりも、1日1、2時間程集中して毎日取り組むように心がけました。何よりも受験料全額補助が、一番大きな支援であったと感じています。はじめて受験した2年生前期での試験では、ちょうど真ん中のランクであるB+の評価を得ました。その後も継続して勉強し、上から2番目のランクで大学院博士課程レベルであるA+の評価を2年生後期から3回連続で得ることができました。この結果は、就職活動の面接でも大いに評価いただき、真面目に経済学部で勉学に励んだ証となったと感じています。

ERE検定試験補助制度についてはこちら

このページのトップへ戻る