Need Help?

Faculty of Economics

経済学部

経済学部で学ぶデータサイエンス

データを使って世界を変えよう。

2020年4月からデータサイエンスを基礎から学べるようになります。

スマートフォンの普及や、IT技術の飛躍的発展により、膨大なデータが利用可能となり、我々はビッグデータ時代の到来を迎えつつあります。そのような時代の変化を反映して、データを収集し分析することで、社会やビジネスの課題を解決していけるような人材が、あらゆる仕事で求められています。龍谷大学経済学部では、このような人材の育成に、本格的に取り組みます。

データサイエンスとは?

データサイエンスとは、ビッグデータ時代の新しいデータ分析の手法です。統計学やコンピューター科学の専門知識を駆使して、データから新しい知見を導き、企業や政府そして個人の意思決定を助けます。これは人工知能(AI)の中核技術にもなっています。

ここが違う!

  • 統計学入門は全員履修科目です。統計学の初歩から学ぶので、数学が苦手でも意欲があれば大丈夫です。
  • 統計学・計量経済学・データサイエンスなど、データ分析を体系的に学べます。
  • アンケート調査やフィールドワークの実施方法についても学ぶことができます。

経済学部で学ぶデータ分析

経済学部でデータ分析を学べる授業の一部をご紹介します。

経済学部で学ぶデータ分析

授業紹介

統計学入門 NEW
高校で学ぶ統計の内容から出発し、様々なデータ分析の前提となるような、基本的な統計リテラシーを学びます。
統計学
統計的なものの考え方の基礎をじっくりと学びながら、統計学の体系的な知識を身に付けます。
経済統計学
経済を対象としたデータ分析の基礎を学びます。代表的な経済データの定義や作成方法についても解説します。
計量経済学
社会や経済についての様々な仮説を検証するための、データ分析の手法を本格的に学びます。
応用計量経済学
計量経済学の手法を適切に用いて、より正確なデータ分析を行うための、実践的な講義です。
データサイエンス入門 NEW
データ分析に広く使われるRやPythonといったプログラミング言語を用いて、データサイエンスの基礎を学びます。
データサイエンス NEW
社会や経済についての多様なデータを用いながら、データサイエンスの様々な分析手法を学んでいきます。
フィールドワークの技法
現場の人々と一緒に行動しながら、地道に観察・記録し、その結果を報告するまでの、一連の作業を学びます。
社会調査の技法
調査票を適切に作成し、集計したデータを正確に分析するために必要な、社会調査の基礎理論を学びます。

その他の新設科目

行動経済学 NEW
一見、非合理的にみえる人間の行動も、より広い視野からみると実は合理的な意思決定の産物だと考えられます。人間の行動についてのより柔軟なモデルを提示します。

さらに、最新の社会の課題に対応した
「プログラムの再編」を検討中です。

新しいカリキュラムの内容が決定次第、随時こちらで紹介していきます。

Request Information

資料請求